本文へ移動

戸建て住宅向け

こちらでは、戸建て住宅向けの流れについてご紹介いたします。

1.お見積り

見積もり
現地調査の上、面積を算出し詳しいお見積り書をお作りします。

また、見えづらい場所などある場合はドローンを用いて、詳しい劣化状況も確認いたします。

どんな些細なことでも、ご相談下さい。

2.足場設置

足場
 良い塗替え工事をするためには、しっかりとした足場の設置が重要で、作業効率・安全性を向上させ高品質の塗装工事が行えます。

さらに、メッシュシートも取り付けることで、塗料の飛散防止になります。

3.高圧洗浄

高圧洗浄
高圧洗浄機を使用し、ほこり・コケ・カビなどの汚れを落とし、綺麗な状態にします。

丁寧に汚れを落とすことで、塗装の密着性もあがりより良い仕上がりになります。

4.下地処理

コーキング

窓周りや目地などの劣化したコーキングの除去を行い、シーリング材を再度充填します。

また、ひび割れや大きな隙間などがあれば、補修いたします。

これを行うことで、水の侵入を防ぎ、建物を長持ちさせることができます。

5.養生

マスキング 養生
マスキングフィルムなどを使用して、ガラスなどの塗らないところを保護していきます。

これがキッチリと出来ていないと、綺麗な良い塗装に仕上がりません。
とても大切な作業です。

6.下塗り

下塗り
塗替え行う素材や劣化状況に合わせて、シーラー、プライマー、錆止め、など最適な塗料を選定し塗布していきます。

下塗りがしっかりと密着していないと、塗膜の剥がれの原因となりますので、塗り残しが出ないよう心掛けております。

美しい仕上がりのためにも重要な工程です。

7.中塗り・上塗り

多彩仕上げ
基本的には、中塗り、上塗りの塗料は同じ塗料を使用し厚みを持たせ長持ちさせる為に2度に分けて塗装しております。

中には、外壁の多彩模様仕上げというものがあり、その場合は、目地色→凸部色(1-2色)→仕上げにUV保護クリアー。
と、3-4度に分けて塗装を行います。

また、室内専用のもの、遮熱性・撥水性など機能性をもった塗料が多数あります。

お気軽にご相談ください。

8.完了検査

ドローン
全体の塗装作業が完了しましたら、養生、足場のメッシュシートを外し、全体の検査を行います。

足場の上からはもちろん、色々な目線からムラ、塗り残し、傷、汚れが無いか確認します。

気になる点などございましたら、お気軽にお申し付けください。

9.足場解体

完了検査が終了したら足場解体の段取りを行い、解体の日時が決まり次第、お客様の方へ連絡させていただきます。

稀に、1階部分の足場が邪魔になり、塗りにくく品質を損ねると判断した場合は、足場解体後に塗装作業をさせていただきます。
TOPへ戻る